ブルボンのホームページ

私が、小さい頃からあるブルボン(当時はバルミ)のお菓子。
“ブルボン”の、ホームページを見てみました。
創業初期は、1924年に北日本製菓商会→北日本製菓株式会社→北日本食品工業株式会社と、硬い名前でした。
昭和40年代に、“バルミ”から平成元年の1989年に現在の“ブルボン”になっています。
私は、ブルボンに代わっておそらくすぐに出たような気がする「ラミンガ」というお菓子が大好きでした。
もっと昭和感があったような気がしたんですが、確か「ブルボン・ラミンガ」と宣伝していたように思うので平成に代わってたんですね。
あのお菓子、もう一回食べたいと思うのは私だけでしょうか?(笑)
薄くて丸い形のサクサクしたサブレっぽいお菓子に、カリカリの水あめ状の砂糖が乗っていました。
復刻版として、期間限定でもいいので製造してほしいです。
ブルボンのお菓子の名前って、なかなか凝ってますよね。
「ルマンド」から始まって「エリーゼ」「ホワイトロリータ」「ブランチュール」とか、どこか外国を思い出させるような感じです。
「ルマンド」は昔、すぐに袋の中でボロボロになっていましたが、最近はココアの固まり方が強くなったのか、割ときれいなままで食べられて嬉しいです。
お菓子も品種改良されているんですね。

整体の施術をすると眠くなるのは

体に感じる不調を和らげる方法として、整体の施術が注目されています。
整体院での施術に際しては、施術方法を確認したうえで、自分に合ったところで受けることが大切です。
また、施術後に起こり得る可能性についても、しっかり聞いておきましょう。
施術後、眠くなる人が少なくありません。
これは、施術をすることで体がよい反応を起こしているから、といわれています。
自律神経には交感神経と副交感神経とがあり、前者は緊張した場面で働き、後者はリラックスした場面で働きます。
つまり、眠気を感じるのは副交感神経が優位に働くからなのです。
そのため、眠気を感じたら横になるようにしましょう。
施術後の飲食物などの注意点をしっかり守ることが大切です。
また、施術の翌日などには、体に痛みを感じることも少なくありませんが、こちらも心配ないといわれています。
整体を受けることで、不快な症状が和らぎ、体が楽になることが期待されます。
しかし、眠気をはじめ、いろいろな症状がでてくることを知っておきましょう。
そのうえで、施術後にでてきた症状を不安に感じたときは、整体師に相談することをおすすめします。

イメチェンして新しい旅立ちを

「春」は新しい旅立ちの季節です。
日本の場合、学校はもちろんのこと、年度の切り替わりが4月という企業も少なくありません。
このような理由から、春は新しいことを始めるためには絶好の時期かもしれませんね。
新たなスタートを切るに際しては、心身ともにスッキリしたいもの。
そのためには、髪の毛をスッキリさせてイメチェンするのもよいでしょう。
髪の毛を自分で切る方法がありますが、やはり、美容院で切ってもらったほうが安心です。
たしかに、前髪だけなら自分でカットできますよね。
また、サイドもギリギリOKかもしれません。
しかし、後ろのほうを自分で切るのは、よほど器用な人でないと難しいです。
どんなに大変なのかは、私自身が経験していますから。
髪の毛を濡らしておくと切りやすくなります。
また、首まわりをスッキリさせておくことも大事ですよね。
そのためにはお風呂上がりが理想的ですが、寒い日は湯冷めを起こす恐れがでてきます。
この時期は、いろいろとお金もかかるので、美容院代がもったいないと思う人もいるかもしれませんね。
しかし、新しい旅立ちのためにも、思い切って美容院代を奮発してはいかがでしょうか。

税理士とのトラブルを未然に防ぐためには

会社を設立したものの申告をしていなかったとう人は意外にも多く、申告を忘れないためにも税理士と顧問契約を結んでおくといいでしょう。
でも税理士とやりとりをしていても、色々な悩みはあるものです。
税理士とコミュニケーションが取りづらい、返事が遅い、困った時に相談ができない、税理士が対応してくれないという事はよくあるトラブルです。
税理士とのトラブルを未然に防ぐためにはいくつかチェックするポイントがあります。
電話やメールで相談する際にチェックしたいポイントは、電話対応の態度の良し悪しで、電話対応の悪い事務所は後でトラブルになる可能性が高いです。
また詳しい相談のしないうちに契約を急がせるような事務所も要注意です。
話しやすさも大切で、初対面でも聞き上手な税理士なら今後あなたの意見を聞いてくれた時によりよい方法を選択し仕事を勧めてくれます。
電話の際に話にくいと感じたり、偉そうに自慢話をするような税理士はできれば避けた方がいいでしょう。
メールの場合には少なくても48時間以内に返信がないような税理士事務所は避けた方がいいでしょう。

車検の度にいつも悩んでいたこと

今回の車検は、本当に助かりました。
というのも、数か月前、車検でどこに入庫しようかと悩んでいたところ、友人が松山にある車検店舗を紹介してくれたんです。
いつも私は決まったお店に入庫していたのですが、そこで借りる代車があまり好きではなかったんです。
キレイな車でしたが、慣れた自分の車の乗り心地と比べるとやっぱり違っていて、どうも運転しにくかったんですよね。
仕事柄、あちこち移動することが多いので、車を預けるとなると必ず代車が必要になります。
でも、毎回同じ代車が手配されていたので、なんとなくガッカリするというか…。
代車が嫌だからといって、車検を避けることは出来ません。
どうしようかなぁと悩んでいた時に、友人にマッハ車検を教えてもらったんです。
この松山の車検は、名前通りとにかく車検が早く、預けた当日、車に乗って帰れるという売りがあります!
早いのは嬉しいけど、実際の技術面はどうなの?と少し不安にもなりました。
でもその辺の心配もなく、「とても信頼できるよ!」と車にうるさい友人が太鼓判を押していました。
彼女が言うなら心配ないか!と、マッハ車検に入庫しました。
無事に当日で車検も済み、車の方も問題なし!
預けたその日に乗って帰れたので、悩みも解消されて嬉しかったです。

賃貸不動産で投資相談を進めるとしたら…

私がお金持ちで、不動産投資の相談をもちかけれるほどであるなら、まず賃貸で進めたいです。
というのも、投資して空回るということが割合的に少ない不動産であるからといえます。
しかしながら、路地にあるような不動産、大通りにあるような不動産どちらがいいかがわかりません。
だって、路地裏であっても大通りであっても不動産が良ければ人は住んでくれたりもするからです。
大通りであれば目につく分、外観への投資が多くいるのかどうかとかも相談したいと思います。
かと思えば路地裏は外観よりも内装だけ工夫すればいいのかなんかも気になるところです。

全部同じ内装にするほうがいいのか、違えるほうがいいのかも賃貸不動産では相談しましょう。
投資というのは、その不動産があり続ける限り、人が住む限り続いていくものでもあります。
融資ばかりを思い浮かべる相談も、こんなところを垣間見ると明るい面もあるといえます。
また、聞いておきたいことのひとつに不動産の税金関係もあるかもしれません。
そう、投資をしていても税金関係が免除になるともいえなので、投資している人が忘れるわけにもいきません。
投資だけしておいて、後は知らないというわけにもいかないものだから人は相談に行くんです。

熊本行ったら阿蘇山は外せない

熊本地震の影響で大きな被害を受けてしまいましたが、少しずつ元の熊本に戻ってきているようですね。
熊本に旅行することも復興の力になるみたいなので、熊本旅行してみませんか?
熊本の大自然はとっても魅力的で世界最大のカルデラで有名な阿蘇山は、絶対に訪れたい観光地ですよね。
阿蘇山は阿蘇五岳と外輪山などを含めた周囲一帯の中央火口丘群のことで、面積約350平方キロメートルの大きさを誇るカルデラの中にあります。
普通の火口よりも大きい火山性の円形の陥没地のことをカルデラといい、姶良カルデラなどと並んで世界最大級なのです。
JR阿蘇駅からバス・ロープウェイで行くことができますよ。
阿蘇山の周辺にも見所はいっぱいで、阿蘇ジオパーク、阿蘇山ロープウェイ、阿蘇スーパーリング、草千里、白川水源、阿蘇ネイチャーランド、大観峰、阿蘇神社、阿蘇火山博物館などがあります。
紀元前よりの古社・阿蘇神社など神々の神話にまつわる場所が多いのも阿蘇の特徴です。
阿蘇を満喫したら、今度は熊本の名物を食べたいですよね。
馬刺しや辛子レンコン、熊本ラーメンなど熊本には美味しいものがいっぱいあります。

美容院いつも同じところに行ってる?

何気なくいつもの美容院に行っている人、毎回別の美容院に行っている人、美容院選びもなんだかんだ難しいんですよね。
私は「特にここの店が好き!」というわけではありませんが、まあボチボチ安いし変に失敗されたこともないのでそこの美容院に通っています。
以前はちょこちょこ美容院を変えていたんですが、それだと毎回「ああして欲しい、こうして欲しい」とオーダーするのが面倒になっちゃいました。
毎回別のところに行くのも「ワクワク感」があったり新しい気持ちでやってもらえるので、気分的にもよかったんですけどね。
友達も毎回ちがう美容院に行く派らしいのですが、「近場で初回クーポンを使いまくったとしても全部行ききれないよ、多分」と言っているつわものです(笑)
まあ確かに毎回初回限定のクーポンを使えば金額的には安いのはそうなんですけど、そろそろ毎回の緊張感も「面倒くさい」に変わってしまったわけです。
それにもうあんまり冒険したヘアスタイルにもすることはないので、ね。
でも、うちの近くも駅前は数えられないくらいの美容院があるので、久しぶりに別の美容院にいってみてもいいかもですね。

美容院へ行く頻度はどのくらい

美容院へはどのくらいの頻度で行きますか?
綺麗な髪形をキープするためには、月一程度で通うことが理想かもしれません。
しかし、美容院へ行く頻度が高ければ、それだけコストがかかります。
カットの場合、1回あたり3500円~円程6,000程度が相場でしょうか。
パーマやカラーをする場合、10000円~20000円程度かかります。
毎月これだけのお金をかけるのは、「正直大変」と感じている人は多いはずです。
実際、美容院へ行く頻度は、3ヶ月に1回の人が多いと言われています。
例えばショートカットの場合、1ヶ月に1回程度行かないと、髪型が維持できないかもしれません。
しかし、ミディアムヘアの場合、それほど行かなくても髪型を維持することが出来ます。
もしぼさぼさになってきたら、縛ってしまうという方法もあるのです。
実際、セットの簡単なミディアムヘアにして、美容院の優待が来るたびに通うといった人も多いです。
そうすることで、美容院にかかる費用をぐっと抑えることが出来ます。
あまり美容院へ通いたくない人は、手間のかからない髪型にしてもらうという方法もあります。
美容院のコストを抑えて、上手に利用したいですね。

ダンディズムコレクションから自分の髪をみてみると…

髪を整えるのにも、ダンディズムコレクションは強いといえるでしょう。
まあ美容院ではありませんが、どんな雑誌にもない自分の整髪があるかもしれません。
刈り上げ方ひとつでも髪の雰囲気が出すダンディズムというものは違いますから。

しかも、ダンコレではどんな量や質であろうと気にしなくてもいいものばかりです。
そう、髪のダンディズムは確かに量や質ではないところを見るともいえます。
また、ダンコレでの髪は仕事によっては私的な場と兼用にできるというのもいいところです。

ダンコレを見ると、欠点も長所にできるだけの髪にできそうなのではないでしょうか。
それに、ダンコレの看板ともいえる、合わないものがないという言葉が出てくるといえます。
ダンコレの中では髪でさえも、みんながオール対象になっているんだろうなと思えてきます。

あくまで髪のダンコレですので、合うものを買うとかでもないので値段も関係ありません。
ダンコレは参考というところでも使えてしまうのがいいなと感じるところのひとつでもあるでしょう。
また自分の髪の見方を変えてくれるのもダンコレであり、その違う見方こそダンディズムにもなるのでしょう。